50代のしわ化粧品の選び方

50代のしわ対策はすでにできてしまったしわを何とかするよりもこれ以上進行させないことを重視して行っていくのがポイントです。50代でまったく顔にしわがない人はいませんし、すでにかなり深いシワができてしまっているケースも少なくありません。こうしたしわをなんとか目立たなくさせようと必死になってしまうと肌に負担をかけるようなケアを行ってしまうなどの問題も起こりかねませんから、現実的な視点のもとで今の自分の年齢・肌の状態でどのようなしわ対策を行っていけるのかを検討していきましょう。

保湿効果を最優先に考慮し油分の摂取も心がける

そんな50代のしわ化粧品選びではまず保湿効果を最優先に考えていきましょう。理由は2つあります。まずちりめんじわとも呼ばれる細かなシワを改善するために必要なこと。目じりや口元の周囲できやすいこのしわは表面の乾燥が大きな原因です。年齢を重ねると肌の乾燥が加速し、表面がカサカサになることで細かなシワが増えていきます。

 

この保湿対策で重要なのは肌の内部と表面の両方に適切なケアを行っていくことです。40代までの保湿対策ではセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分をいかに角質層に補うことができるかが重要なポイントでした。

 

もちろん50代においても同様なのですが、加えて肌の表面の保湿をしっかり行うことが大事です。50代の肌では保湿成分だけでなく皮脂の分泌量もかなり減少しているため、油分を補うことも重要なのです。それだけにこれまで以上に乳液・クリーム選びがしわ対策に大きな意味を持ってくるでしょう。

 

ホホバ油や馬油など保湿対策とエイジングケアの両方をうまく行っていけるタイプの油分がお勧めです。どちらも肌に馴染みがよく、乾燥やバリア機能の低下でスキンケア製品がなじみにくくなっている50代の肌にもしっかり馴染んでくれます。

ターンオーバーの周期も遅れがちになるので積極的に活性化させる対策をする

それからターンオーバーを活性化させる対策を行っていくことも忘れないようにしましょう。平均28日といわれるターンオーバーの周期も50代になると50日を越えるほどにまで遅れてしまうようになります。

 

古い肌が残って新しい肌との入れ替わりがスムーズに機能していないとしわができやすい状態になりますから、プラセンタエキスやEGFといった皮膚細胞を活性化する成分、さらにビタミンC誘導体やアスタキサンチン、フラーレンといった老化を防ぐ抗酸化作用なども補える化粧品を選んでいきたいところです。

 

そしてビタミンC誘導体やレチノールといったコラーゲンの生成を促し、ハリを改善する効果を備えた美容液を使用すること。かなり進行したしわだと劇的な改善効果は期待できませんが、今後シワが増えたり深くなっていくのを防ぐことができるでしょう。

コスメルジュ編集が選んだ!眉間しわに使ってみたい化粧品

コスメルジュ編集が選んだ!眉間しわに使ってみたい化粧品

トワエッセ プレミアム エッセンス

トワエッセ プレミアム エッセンス

額に極ハリ!史上初の人工皮脂膜成分が眉間ジワをピンと伸ばしてラッピング!
6,480円・税別/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税別 30日間全額返金保証
>>公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

眉間のしわ化粧品効果的

乾燥・コラーゲン不足が原因の眉間ジワに!1滴の水も加えない高濃度保湿美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>公式HPで詳しく見てみる!
プレステージリンクル セラムクリーム

眉間のしわ化粧品効果的

定期初回はなんと800円!シワ対策に800万本突破の大人気しわとりクリーム
7,000円・税込/定期初回800円(2回目以降3,480円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!
ミューノアージュ(MUNOAGE)

7種のペプチド配合!眉間しわもピンとしたハリ肌に再生させるドクターズコスメ
10日間トライアルセット1,620円・税込(化粧水30ml・クリーム7g・薬用美白美容液2ml2包)
>>公式HPで詳しく見てみる!
アテニア ドレスリフト

24時間集中ハリケア!乾燥からくる眉間しわにアテニアのエイジングライン
14日間トライアルセット1500円・税込
(洗顔石けん15g・化粧水30ml・日中用保湿乳液15ml・夜用保湿クリーム8g)
>>公式HPで詳しく見てみる!