30代のしわ化粧品

MENU

30代のしわ化粧品の選び方

30代はまだしわの悩みが深刻になる時期ではありませんが、それだけにこの時期に適切な対策を行っていけるかどうかで40代以降の肌環境に大きな差が出てきます。本格的な老化が進行する40代以降にしわの悩みにどれだけ悩まされるかどうかはこの時期にどんなケアを行っていたかで決まるといっても過言ではありません。

30代の10年間は肌環境の変化が着実に進んでいく時期

そんな30代のしわ化粧品の選び方では肌環境の変化、具体的に言えば老化の進行状況に合わせて適切なものを選んでいくことが大事です。30代の10年間は肌環境の変化が着実に進んでいく時期ですから、ずっと同じ化粧品を使用するのではなく、その時々の状態に合わせたうえで最適なものを選んでいくことが重要なのです。

 

30代前半では保湿効果をメインに化粧品を選んでいくことになります。この時期は角質層からセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が減少していく時期のため、乾燥が進みやすくなります。乾燥によってバリア機能が低下すると紫外線などの刺激によって活性酸素が増加し、老化が進みやすい環境を作ってしまうため、早い段階から化粧品で保湿成分を補っていくことが求められるのです。

 

保湿成分に関してはナノ化などで浸透性をアップさせた製品を選ぶこと、また脂溶性のセラミドは美容液だけでなくクリームでもうまく補っていくことなど、スキンケア環境全般でうまく工夫しながら補っていくことも視野に入れて製品選びを行っていきましょう。

 

30代半ばに入ると老化を防ぐ対策の重要性が高まっていきます。保湿成分に加えて老化予防に役立つ抗酸化成分やターンオーバーを活性化させる成分を選んでいきましょう。乾燥による小じわと目元やほうれい線など深く刻まれるしわの両方があらわれてくる時期ですから、両方にうまくアプローチしながらケアしていくことが大事なのです。

抗酸化成分やコラーゲンの生成を促す成分など積極的に補う

この時期になると先述した角質層の保湿成分に加えて真皮層で肌を支えているコラーゲンとエラスチンの減少も進んでいくため、ハリの低下と深いシワの両方が見られるようになっていきます。

 

ビタミンC誘導体やコエンザイムQ10、アスタキサンチンといった抗酸化成分で活性酸素を防ぎつつ、ビタミンC誘導体、レチノールといった成分でコラーゲンの生成を促していくことがしわに直接アプローチできる有効な対策方法となります。とくに両方の効果を備えたビタミンC誘導体をしっかり補える化粧品を意識して選んでいくようにしましょう。

 

ほかにも保湿効果と抗酸化作用の両方を備えたプロテオグリカン、ハリの改善効果に優れたアルガンオイルなど最新の成分などもうまく取り入れていくことでしわの予防・改善効果を高めていくことができます。自分の肌環境や年齢も考慮しつつこれらの美容成分の中で何が一番必要なのかも考慮しつつ選んでいくことが大事です。

お試しから始められる眉間ジワに使ってみたい化粧品ベスト5