しわのクレンジング

MENU

しわに効果的なクレンジングの選び方

しわに効果的なクレンジングの選び方はメイク環境とも深く関わってくるだけに注意して選んでいきたいところです。しわは肌の老化がおもな原因ですから、老化によって衰えた肌に負担をかけるような刺激の強いクレンジングは避けなければなりませんが、一方でメイクや汚れをしっかり落とせないのではクレンジングの意味がなくなってしまいますし、残ったメイクが肌に負担をかけてしまいます。このバランスをいかにうまくとることができるかがシワ対策とクレンジングの選び方との両方において大きな意味を持ってきます。

オイルクレンジングは洗浄力には優れているが肌への負担が大きいのでできれば避けたい

まず低刺激な点を重視して選んでいくならクレンジングのタイプに着目しましょう。もっとも広く普及しているオイルクレンジングは洗浄力に優れている一方、肌への刺激も強くなっています。シワが気になる方、とくに浅いシワが広くできている方は乾燥とバリア機能が進行していますから、オイルクレンジングは避けた方が無難です。同じ理由でリキッドタイプや摩擦による刺激が負担になるふき取りタイプもお勧めできません。

 

肌に優しいタイプではミルクタイプやクリームタイプがお勧めです。また敏感肌で刺激に弱くなっている場合には乳液で落とす方法もあります。

 

ただしこれらのクレンジングでは十分にメイクを落とせない可能性もあります。ですからこれらのクレンジングで落とせる範囲内でのメイクを心がけることも重要なポイントですし、アイメイクの場合はまずリムーバーを使用して落とした上で使う工夫も必要です。ミルククレンジングの中には美肌効果を配合した製品もあるのであくまで低刺激を重視して選ぶ場合にはこうした製品も選択肢に入れておきましょう。

刺激が少ないホホバオイル、馬油、オリーブオイルなどでのクレンジングも試したい

なお、どうしても薄いメイクは難しい、あるいはフォーマルな場ではしっかりとメイクをしなければならない、という場合にはホホバオイルや馬油、オリーブオイルなどのオイルを直接使用する方法もあります。これらにオイルは刺激も少なく肌への馴染みもよいので過剰な負担をかけることなくメイクを落としていくことができます。少々手間がかかりますが、しわを悪化させない肌作りを目指すうえでも濃い目のメイクの方は試してみましょう。

 

クレンジングと洗顔料が一体化した製品も増えています。どれだけ刺激の少ないクレンジングを使用してもダブル洗顔はどうしても負担になってしまいますから、乾燥肌・敏感肌に悩まされている方はこうしたタイプの製品を使うのもお勧めです。その場合にはクレンジング、洗顔料両方の効果がしっかり得られるかどうかを確認したうえで判断することを忘れないことも大事です。

お試しから始められる眉間ジワに使ってみたい化粧品ベスト5